本文へスキップします。

H1

2024年問題の課題解決に向けたソリューション

リード文

本サイトは物流の2024年問題という社会課題解決に向けて、企業・団体などによるソリューション情報を発信し、課題解決の一助としていただくことを目的としています。

モノが運べなくなるかもしれない2024年問題という社会問題を前に、知恵を集結させましょう。ソリューションベンダーの皆様からのソリューション提案は、ページ下より掲載の投稿をすることができます。
(※現在は日本ロジスティクスシステム協会 会員のみ掲載ができます)

物流現場改善お役立ち情報一覧|検索

2024年問題のソリューション|検索

カテゴリ
キーワード

「2024年問題」解決のソリューション|一覧

ソリューション一覧|新着順

51件~60件(全72件)

  • 有人フォークリフトに匹敵する 無人フォークリフト
    三菱ロジスネクスト株式会社

    有人フォークリフトと同じシステムレイアウトが可能な機動力と、有人フォークリフトと同じレベルの搬送能力を実現。

    高効率&フレキシブルな対応力を持つ高効率無人フォークリフト、「プラッターオート H タイプ」がさらに物流現場の自動化を推進します。

  • ETCを活用した車両入退管理サービスFLOWVIS
    古野電気株式会社

    車両入退管理は構内物流における最重要ポイントです。入退場データの取得は2024年問題対策のトリガーとなります。FLOWVIS(フロービス)は他にはない高い認識率で、確実かつ自動で車両を検知・識別してデータを記録。他システムとも連携し、構内滞在時間の削減に大きな効果を発揮します。

  • AGV世界シェア1位 棚搬送ピッキングシステム
    株式会社ギークプラス

    保管効率及び生産性向上、コストパフォーマンス(投資回収期間4年程度と短期)、不透明な将来に向けての柔軟性に加え、今後さらに深刻化する人手不足と機械設備の高い投資リスクを解決するため、ロボティクス技術を活用し、様々な業界のリーディングカンパニーに採用いただいています。

  • LINEを利用した運行管理ツール「どらたん」
    株式会社NX総合研究所

    どらたんとは、手持ちのスマホの「LINE」をそのまま使い、ドライバーの労働時間を容易にリアルタイムで把握できるツールです。

  • 適正フォーク台数を算出!ろじたんフォーク
    株式会社NX総合研究所

    「ろじたんフォーク」はIoTツールを使用し、倉庫・工場内でのフォークリフトの稼働状況を可視化、本当に必要なフォークリフトの台数を算出するサービスです。

  • 貿易業務の自動化と一元管理を実現
    株式会社Shippio

    国際物流の可視化・一元管理によって、貿易業務の効率化から、データ活用によるSCM・物流の高度化を実現します。

  • 作業時間計測ツール「じょぶたん」
    株式会社NX総合研究所

    「じょぶたん」はスマホ・タブレットでお仕事(JOB)を「かんたん」&「スグ」にまるごとデータ化する作業時間計測ツール。仕事中にスマホあるいはタブレットに表示されるボタンをタップするだけで従業員の勤務実態を知ることができます。働き方改革に取り組む工場や建設現場、人事・経理部などの管理間接部門においてご利用頂いてます。

  • 車両手配の脱属人化・安定化・効率化を実現
    ハコベル株式会社

    車両手配業務をデジタル化すると、車両確保はもっと安定的に、効率的に行えるようになります! ハコベルでは、路線便・チャター便を含めて最適な輸送モードを自動計算できる「配車計画」と、車両手配の紙のやり取りを不要にして手配業務の安定化・効率化を実現する「配車管理」の2つのシステムを提供しています。

  • 倉庫の作業時間計測ツール「ろじたん」
    株式会社NX総合研究所

    ろじたんとは、スマホアプリ(Android)とWebの連携により、倉庫内の「スタッフの作業内容別の作業時間」「作業場所」「歩いた歩数」「作業生産性」をデータ化できるツールです。

  • 物流DX後の問題を解決に導く物流GX支援
    株式会社アイ・グリッド・ソリューションズ

    物流DX後に起こり得る、電力コストの増加やBCP対応などの課題に対して、太陽光発電PPAモデルを中心としたGXソリューションでの解決をご支援します。

51件~60件(全72件)

テーマ別分類
承認:エディタ

ソリューション情報の投稿

ソリューション情報の投稿は、以下のページをご確認ください。

投稿はこちらから