本文へスキップします。

【全】ヘッダーリンク
H1

全日本物流改善事例大会2019 発表事例募集のご案内

コンテンツ

全日本物流改善事例大会とは

 全日本物流改善事例大会は、全国各社が取り組んだ物流改善の事例が集い、その成果が発表される大会です。物流現場と物流管理における改善の取り組みの発表を通じて 実務者同士が交流し、各社の物流改善を活性化をする場として、2019年度大会で33回目を迎えます。
 発表される優秀事例の中から、特に優れた事例については、実行委員会での審査のうえ「物流合理化賞」が贈られます。
 “作業の効率化” “小集団活動” “物流システム改善”など、各社で取り組まれた物流改善の成果を本大会でぜひご発表ください。全国の物流改善に取り組まれる方々からの積極的なご応募をお待ちしております

開催概要

主 催 公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会
一般社団法人日本物流資格士会
会 期 2019年5月14日(火) 10:00~17:00
2019年5月15日(水) 10:00~17:00
(2日間にわたり開催されます)
発表事例 応募された事例のうち25件程度の事例が発表予定
※事例は取り組み内容・成果等を考慮し、実行委員会にて選考させていただきます。
参加者数 2018年・・・456名  2017年・・・524名  2016年・・・474名
会 場 ソラシティカンファレンスセンター Sola City Hall
東京都千代田区神田駿河台4-6
物流合理化賞のご紹介 2018年物流合理化賞が決定いたしました。               

応募要領

募集内容 1.物流現場での改善事例 (物流業務部門)
  輸送、入荷、検品、保管、仕分、ピッキング包装、荷役、積付、出荷、配送などが対象
2. 物流管理での改善事例 (物流管理部門)
  受・発注管理、輸・配送管理、在庫管理、作業管理、包装管理などが対象

※詳細はパンフレットをご確認ください。
応募締切日 2019年1月18日(金)締切日厳守
応募方法 ①発表申込書 ②アブストラクト(事例内容をA4用紙1枚にまとめたもの)③会社案内パンフレット を添付し、郵送またはメールにて事務局宛にご送付ください。
               
送り先:〒105-0022 東京都港区海岸1-15-1 スズエベイディアム3F
    公益社団法人 日本ロジスティクスシステム協会 JILS総合研究所 大塚 宛
    e-mail:kaizenjirei@logistics.or.jp
応募資料 (1)パンフレット・発表申込書               
ダウンロードはこちら(PDFファイル)        
               
(2)アブストラクト作成要領
ダウンロードはこちら(PDFファイル)

発表申込書およびアブストラクトの内容を基に事前審査を行い、大会で発表いただく「優秀事例」を選考いたします。
アブストラクトは作成要領をご参照いただき、できる限り詳細かつ具体的内容をご記入ください。
問い合わせ 公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会
担当:JILS総合研究所 大塚
E-mail kaizenjirei@logistics.or.jp Tel 03-3436-3191

ご不明な点や応募に関するご相談がございましたらお気軽にお問い合わせください。