本文へスキップします。

【全】ヘッダーリンク
H1

物流技術管理士補資格認定コース

コンテンツ

物流技術管理士補資格認定コースとは

物流技術管理士補資格認定コースは、日本ロジスティクスシステム協会が主催する講座や産業能率大学が提供する通信教育などによってロジスティクスの基礎知識を既に習得された方を対象にした、グループ演習を中心とする資格認定コースです。

【ケーススタディで実践力を習得できる!】 
本コースは、企業事例をベースとしたグループ演習に特化しており、実践力を2日間で集中的に身につけることができます。

習得している物流・ロジスティクスの基礎知識を、実務で物流合理化策を立案する際にどのように応用すればよいのか。企業事例をベースとしたグループ演習にて、より実践的に経験していただくことを目的としております。

コースの特徴

・実践的なグループ演習を中心とした、受講者参加型のプログラムです。
・様々な知識・知見・経験をもったメンバーとのグループ演習を通して、新たな視点や取り組みのヒントを得ることができます。
・本コースを修了された方には、当協会より「物流技術管理士補」の資格を授与いたします。
・「物流技術管理士補」資格取得者の方は、「物流技術管理士資格認定講座」や「国際物流管理士資格認定講座」を優待料金にてご受講いただくことが可能です

2022年度開催概要

開催期 開催形式 開催期間 受付 パンフレット Web申込み
第1回
オンライン
2022年10月4日(火)-5日(水)
受付終了 PDF -
第2回
オンライン
2023年2月15日(水)-16日(木)
準備中 PDF準備中 準備中
「第1回」のお申込み受付は終了しました。お問い合わせがある場合はこちらよりご連絡をお願いいたします。


【2021年度開催分(※)アンケート結果】 ※第1回および第2回の合計2回、いずれもオンライン開催

○受講者の満足度および参考度(第1回および第2回の合計)
 ・第1回 回答者数:37名 ※回答率:82%
 ・第2回 回答者数:34名 ※回答率:81%
 
 
○受講者の声
 【コースの内容全般について】
 ・本コースを受講して、物流業界における問題や実際の状況などを理解することができました。
  また、改善に向けた対策やリスクへの対策などを検討する上で、この講座の内容が役に立つ
  と考えております。

 ・このコースで学んだ内容は自身にとってとても新鮮で、顧客目線で物事を考える事の重要性を
  感じました。これを機会により良い提案に結び付けられるようにしたいと考えております。

 ・ロジスティクス基礎講座と本コースを紐づけた受講方法は非常に良いと思いました。

 ・Zoomによるオンライン開催であった点が良かったと感じました。初めてZoomを利用しましたが、
  オンラインでの講義が対面での講義と比べ、わかりやすく伝わるのか不安がありました。
  結果的に、対面での講義と変わらない内容で受講できたと思います。
  講義会場までの移動の手間がかからず、便利だとも思いました。

 【個人演習・グループ演習について】
 ・演習を中心とした内容のため、物流を改善・改革するための手法を理解しやすく、
  とてもいいコースであると思いました。
  また、時間配分も丁度よく、グループ演習ではチームの皆さんと色々な議論が出来ました。

 ・ケーススタディでは、まず個人演習で問題点を自身で取り上げた後にグループ演習で分析をすることで、
  自身にはない他のメンバーの方の考え方を知ることができ、有意義でした。

 ・ケーススタディをグループで行う事で、改善業務の実際をシミュレーションできました。
  多様な視点で課題の抽出ができ、その多数出た課題に点数を付けて取組み順位を決める手法が
  参考になりました。

受講条件

・日本ロジスティクスシステム協会「ロジスティクス基礎講座」修了者
・産業能率大学「物流の仕事がわかるコース」および「物流技術の基本と改善コース(旧名称:物流技術を極めるコース)」両コースの修了者
・東京海洋大学大学院「食品流通安全管理学」講義における所定単位取得者
・流通経済大学流通情報学部ならびに大学院物流情報学研究科における所定単位取得者
・中央職業能力開発協会が実施するビジネス・キャリア検定の「ロジスティクス管理」または「ロジスティクス・オペレーション」の2級もしくは3級の合格者かつ企業等での実務経験を有する方

申込方法

以下のいずれかよりお申し込みください。
・Web申し込み
・パンフレットの申込用紙に必要事項を明記のうえ、FAXにて申し込み。