本文へスキップします。

【全】ヘッダーリンク
【全】メガメニュー
H1

物流現場における新型コロナウィルスの感染拡大防止取組事例

コンテンツ

本サイトの趣旨

世界的な新型コロナウィルスの感染拡大により、人命はもとより、社会、医療、経済活動などにおいて甚大な影響がもたらされています。新型コロナウィルスの終息が見通せず 、様々な経済活動が制限されるなか、物流はその役割の重要性から、社会のインフラとして活動が維持されております。

このような状況下、物流現場においては、新型コロナウィルスの感染拡大防止の観点から、非接触、ソーシャルディスタンスへの対応など、様々な工夫が行われています。

そこでJILSでは、新型コロナウィルスの感染拡大防止に努めながら、物流活動を継続するための一助となるべく、各社の取組事例を募集し、物流現場の「Withコロナ時代の知恵と工夫」を広く産業界に情報共有いたしたく存じます。

なお、現在は明治ロジテック株式会社殿のご協力により事例を掲載しておりますが、各社様の取組を広く募集しております。自社の取組に関する情報提供は下記までお寄せください。

  e-mail:suyama@logistics.or.jp

取組事例

<飛沫防止>
対応実施場所:物流センター内事務所
対応内容:飛沫防止のため、机上にパーテーションを設置
 

対応実施場所:物流センター ドライバー受付
対応内容:飛沫防止のため受付に透明の間仕切りを吊り下げ
 

<手指消毒>
対応実施場所:物流センター ドライバー受付
対応内容:手指消毒の実施