本文へスキップします。

【全】ヘッダーリンク
H1

【参加無料】ストラテジックSCMコース講演会・受講説明会(東京)

お知らせ詳細

【参加無料】ストラテジックSCMコース講演会・受講説明会(東京)

資格講座・セミナー

ストラテジックSCMコースを修了されSCM業務の最前線でご活躍する方に、業界やSCMに関する最新情報やコースで学んだ内容の実務での活用についてご講演いただきます。そして、コースコーディネーターが本コースの受講をご検討いただくにあたっての狙いや内容についてご説明いたします。どなたでも無料でご参加いただけます。 
本コースでは、国内外の第一線で活躍する実務家、コンサルタント、大学教授等を講師に迎え、国際的な水準を意識したカリキュラム、少人数制による講義とグループ演習によりSCMのプロフェッショナルを育成しております。 

受講をご検討の方やSCMに関する最新動向にご興味がある方は、ぜひご参加ください。

■□ 日時・会場 □■
日 時:2019年1月29日(火) 18:00~20:00(17:30から受付開始)
会 場:公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会 研修室
     東京都港区海岸1-15-1 スズエベイディアム3階 (浜松町駅南口より徒歩8分)

■□ プログラム □■
【講演会】 18:00~19:00 
「『生産』と『販売』が分かり合えるために~サプライチェーンの知識体系と共通言語の重要性」
社内の製販・需給調整会議や社外のサプライヤー・代理店との会議で互いの話がなかなかかみ合わないのは、なぜでしょうか。複数の当事者が鎖のようにつながる「サプライチェーン」。そのマネジメントの要諦は、適切な情報を適切なタイミング・方法で当事者同士が連携する「情報連携」にあります。しかし互いの「言語」が異なっていては「情報連携」が成立しません。本講演では、「分かり合える」SCMに不可欠な「情報連携」の基本となるSCMの共通言語「OMBOK」と、その標準化を主導した米国で60年の歴史を持つ世界最大のSCMプロフェッショナル組織である「APICS」についてご紹介します。

講演者 三菱鉛筆株式会社 行本 顕 氏 (第12期修了生)
1974年生まれ。APICS認定インストラクター(CPIM・CLTD・CSCP)、法学修士。銀行員を経て2003年より三菱鉛筆株式会社に勤務。2010年~2012年米イリノイ州シカゴに駐在。米消費財大手Newell Rubbermaid(現Newell Brands)の筆記具事業部に常駐してS&OPを担当、サプライチェーンマネジメント(SCM)と出会う。日本生産性本部APICSセミナーでの講演などを中心に積極的なSCM普及活動を行っている。

【受講説明会】 19:00~20:00
ストラテジックSCMコースのねらい・概要と特色を中心に、本コースの内容と受講に向けての流れを説明します。

説明者 株式会社フレームワークス 特別技術顧問 高井 英造 氏
ストラテジックSCMコース コースコーディネーター・講師

【個別相談と願書・志望理由書受付】 20:00~
コースコーディネーターが本コースに関する個別相談を行います。願書・志望理由書もご提出いただけます。

■□ ストラテジックSCMコース □■
ストラテジックSCMコースへの申込方法やコースの詳細はこちらをご覧ください。
https://www1.logistics.or.jp/education/scm/

■□ 講演会・受講説明会・コースパンフレット □■ 
https://www1.logistics.or.jp/Portals/0/SSC201902.pdf

一覧へ戻る