本文へスキップします。

【全】ヘッダーリンク
H1

東京港における物流機能(鉄道輸送)強化事業の実施結果と令和4年度事業の実施について<br /> <div>&nbsp;</div>

お知らせ詳細

東京港における物流機能(鉄道輸送)強化事業の実施結果と令和4年度事業の実施について
 

行政・他団体

東京都では、東京港における、モーダルシフトによる物流機能の強化を推進しており、
その選択肢の一つとして、鉄道の利用促進に取り組んでいます。

「東京港における物流機能(鉄道輸送)強化実証事業」について、令和3年度の結果概要の報告および、
令和3年度の検証結果を基に、令和4年度はトラック輸送と鉄道輸送の価格差が縮小すると見込まれる、
輸送距離が中長距離(概ね400km圏から)となる貨物輸送を中心とした鉄道輸送強化事業計画が公表
されましたので、ご案内いたします。

■事業の内容
 東京港で輸出入される海上コンテナ貨物について、東京港のCFS等において国内
 鉄道用コンテナへと詰め替え、以下により輸送し、その費用の一部を補助
 
■令和3年度実施結果概要
 多方面への国内各路線・駅との鉄道輸送を可能とし、モーダルシフトによる物流機能を
 更に強化していくため、海上コンテナから国内鉄道用コンテナへ(もしくは国内鉄道用
 コンテナから海上コンテナへ)の詰め替えによる輸送を実施し、鉄道輸送に係る費用や
 リードタイム等について検証する。

1 実施期間   :令和3年7月1日から令和3年9月30日まで
2 協力事業者数 :3社
3 取扱合計本数 :38本(64TEU)
4 輸送先    :北関東各県のほか、新潟県、長野県への輸送を実施
5 主な検証結果 :

・東京港と目的地との距離が中長距離(概ね400km圏から)となる輸送において、
 トラック輸送と鉄道輸送の価格差が縮小
・荷物がパレット等で整理されていない場合、梱包サイズを計るなど、鉄道コンテナ数の正確な算出が必要
・鉄道の場合、配送手配に4~5日(陸送1~2日)、リードタイムは3~4日(陸送2日)、
 ターミナルからの受取を早めるなどの対応が必要

※詳細はこちら
 https://www.kouwan.metro.tokyo.lg.jp/business/post_4.html
 
■令和4年度の取組
 令和3年度実証事業の検証結果を基に、トラック輸送と鉄道輸送の価格差が縮小すると見込まれる、
 中長距離を中心とした鉄道輸送(詰め替え貨物)への補助事業を実施する。

1 補助金額 :1FEU当たり20,000円(1TEU当たり10,000円)
         1者当たりの補助額は2,000,000円を上限とします。
2 申請期間 :令和4年4月15日(金曜日)~令和4年5月31日(火曜日)

※申請条件等、詳細はこちら
 https://www.kouwan.metro.tokyo.lg.jp/business/post_9.html

一覧へ戻る