本文へスキップします。

【全】ヘッダーリンク
H1

運輸政策コロキウム「世界の工場」ASEANの発展とタイの港湾政策 オンライン開催のお知らせ(運輸総合研究所)

お知らせ詳細

運輸政策コロキウム「世界の工場」ASEANの発展とタイの港湾政策 オンライン開催のお知らせ(運輸総合研究所)

行政・他団体

一般財団法人 運輸総合研究所は、「「世界の工場」ASEANの発展とタイの港湾政策 ~世界経済を支えるASEANにおける港湾の役割~」と題し、
アセアンの港湾物流の現状を内容としたコロキウムをオンライン開催します。

第147回運輸政策コロキウム バンコクレポート ~スタートアップシリーズ その3~
 日 時:2021年12月24日(金)10:00~12:00(予定)
 方 法:オンライン(Zoomウェビナー)
 テーマ:「世界の工場」ASEANの発展とタイの港湾政策 ~世界経済を支えるASEANにおける港湾の役割~」
 参加費:無料
 詳 細:https://www.jttri.or.jp/events/2021/collo211224.html
 申込み:https://krs.bz/jterc/m/collo211224 (申込2021年12月22日(水)まで)

【開催概要】
1 講演およびコメント
 講   師:坂井 啓一 アセアン・インド地域事務所(AIRO) 研究員
 コメンテーター:松田 琢磨 拓殖大学 商学部 国際ビジネス学科 教授
2 ディスカッション
 コーディネーター:山内 弘隆 一般財団法人運輸総合研究所 所長

製造業を中心に生産拠点がASEANに集積し、世界各地へ部品や製品がコンテナ船で供給されており、いまやASEANは「世界の工場」として
国際的なサプライチェーンを支える役割を担っている。こうしたASEANへの生産拠点のシフトや海上物流の変化を踏まえた港湾の役割について、
貿易インフラとして世界の海上物流を支える機能と、安全保障も含めた海上物流を取り巻く昨今の環境変化の二つの面から分析するとともに、
タイに焦点を当てて、国内産業を支える基盤インフラとしての港湾の役割について、事例を含めて紹介し、今後の港湾政策の方向性について分析・示唆を行う。

一覧へ戻る