本文へスキップします。

【全】ヘッダーリンク
H1

「日中韓物流発展フォーラム in KOBE」開催案内/国土交通省ーポストコロナを見据えた物流のあり方

お知らせ詳細

「日中韓物流発展フォーラム in KOBE」開催案内/国土交通省ーポストコロナを見据えた物流のあり方

行政・他団体

国土交通省(国際物流室)は、日中韓の物流円滑化等を目的として、2006年から日中韓物流大臣を開催しており、
8月20日(金)に第8回日中韓物流大臣会合(オンライン)の開催を予定しています。

大臣会合の関連行事として「日中韓物流発展フォーラム in KOBE」(神戸市主催)を開催することとしており、
フォーラムでは「ポストコロナを見据えた物流のあり方」を全体テーマとして、
各国の有識者の方々が講演予定で、フォーラムへの参加者を募集しています。

テーマ ポストコロナを見据えた物流のあり方
日 時 8月20日(金)16時~19時
形 式 オンライン
内 容 ◆基調講演『ポストコロナを見据えた物流のあり方』
     敬愛大学 教授 根本 敏則 氏

    ◆セッション1「ポストコロナを見据えたシームレス物流の展望と課題」
     ・日本通運(株) 代表取締役副社長 副社長執行役員 
         堀切 智 氏
     ・Sinotrans Central China Co.,Ltd. Weihai Branch, General Manager Assistant
         Liang Qingxia 氏
       ・Busan Port Authority, Management Division,Vice President
       Kang Bu-won 氏

    ◆セッション2「グリーン物流の今後の展開」
     ・F-LINE(株) 常務執行役員
      藤原丈二 氏
     ・Shandong Port Group Co., Ltd. 
      The Secretary of The Board and Shandong Port Land-Sea International Logistics Group Co., Ltd.
      Chairman of The Board
       Liu Zhiguo 氏
     ・Samsung SDS
      Cello Square Business Team, Team Leader
      Choi Bong-gi 氏

       ◆神戸港におけるカーボンニュートラルポートの取組み
       ・ 神戸市港湾局長
         長谷川 憲孝 氏
 
上記フォーラムへ参加を希望される方は、以下のURLより詳細の確認、お手続きをお願いいたします。
https://site2.convention.co.jp/cjk2021/

一覧へ戻る