本文へスキップします。

【全】ヘッダーリンク
H1

メンバー募集・活動予定

承認:エディタ

1.2021年度 物流企業のHRM推進研究会 概要

 開催日程 2021年6月22日(火) ~ 2022年3月17日(木) 各回14:00~17:00
全9回会合開催予定 開催日程詳細
 開催概要 <会合の進め方>
「事例と課題の共有とディスカッション」
 メンバー企業におけるHRMに関する課題と課題解決に向けた取組事例を共有
 し、メンバー全員によるディスカッションを行うことで、各社のHRMにおける
 課題解決の一助とする。

 ✓情報のGive & Takeを基本とし、会合はメンバー企業の事例発表と意見交換で進みます。
 開催方式 原則として集合型、状況に応じてオンライン型(Zoomミーティング使用)にて開催
※会場は東京都内を予定
 参加対象 物流企業(物流事業者・物流子会社)の
・人事・総務、経営管理部門の部課長クラスの方 もしくは
・HRMの重要性を理解し、その推進に取り組まれている方

 参加定員 30名
 開催資料 2021年度パンフレット
 申込方法 ※多くの方にご参加お申し込みを頂戴しており、
現在、【 キャンセル待ち 】となっております。
あらかじめご了承ください。

ご不明な点ございましたら、
事務局連絡先までメールにてお問い合わせください。

【 事務局連絡先:hrm@logistics.or.jp 】


Web申し込みフォーム


承認:エディタ

2.物流企業におけるHRMの課題とは

本研究会では、以下のようなHRM(人的資源管理:Human Resource Management)に関する課題をお持ちの皆様にご参加いただき、課題の共有とその解決に向けた方策を検討していきます。

〇経営とHRM
・人材に関する様々な情報や取り組みが分散しており、統合的なマネジメントができていない。
・経営戦略にHRMが紐づいておらず、戦略的なマネジメントが実践できていない。
〇育成
・業務が拡大・多様化し、管理者育成が急務だが、実効性のある能力開発プログラムが構築できていない。
・現場の管理者によって、部下の教育レベルにバラつきが生じている。
〇評価
・人事評価の仕組みが整備されておらず、適正な配置や能力開発が実践できていない。
・評価基準はあるが、担当者により運用のバラつきがある。
〇処遇
・拡大した能力やスキル差に基づく処遇による社員のモチベーション低下に悩んでいる。
・人材ポートフォリオの設計や分析ができておらず、戦略的な人事が実践できていない。
〇主体
・女性や外国人の採用など、多様性への対応が進んでいない一方で、社員の高齢化が進んでいる。
・現場作業員の高齢化が進んでいるが、働きやすい環境づくりができていない。
コーディネーター

3.研究会の進め方(予定)等

1)研究会開催前:アンケートに基づくメンバー企業のHRM課題の見える化と共有
  参加企業各社にHRMに関する課題や取り組みレベルに関するアンケートを実施し、
  物流企業(参加企業各社)におけるHRM課題を認識、共有していただきます。
2)会合での取り組み:各社の取り組み事例の共有と課題整理
  研究会参加メンバー各社におけるHRMに関する取り組み事例や課題をご紹介いただき、
  質疑応答や意見交換をふまえ、物流におけるHRMの課題を整理します。
3)コーディネータ(※)によるフォローとまとめ
  会合の進行、質疑応答や意見交換をファシリテーションし、会合ごとのポイント、
  課題とその解決の方向性等について、コーディネータがまとめます。

<コーディネータ>
堀 毅之 氏/株式会社日本能率協会コンサルティング 
       ラーニングコンサルティング事業ユニット 組織開発ソリューションセンター
       チーフ・コンサルタント
承認:エディタ

4.参考:経営におけるHRM(概念図)

承認:エディタ

5.2021年度 研究会開催日程

開催時間 14:00~17:00
第1回  2021年
 6月22日(火)
第4回  10月26日(火)
第7回  2022年
 1月24日(月)
第2回  7月27日(火) 第5回  11月25日(木)
第8回
 2月22日(火)
第3回  9月28日(火) 第6回  12月21日(火)
第9回
 3月17日(木)
※諸事情(新型コロナウイルスの感染状況や東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催動向を含む)により、
内容・日時等を変更する場合があります。