本文へスキップします。

【全】ヘッダーリンク
H1

2021年度物流コスト調査結果を発表しました ~売上高物流コスト比率は5.70%~

お知らせ詳細

2021年度物流コスト調査結果を発表しました ~売上高物流コスト比率は5.70%~

物流コスト調査

2021年度物流コスト調査の売上高物流コスト比率は5.70%(全業種平均)となった。前年度からの上昇幅は0.32ポイント。
近年、物流事業者からの値上げ要請などを理由に売上高物流コスト比率が上昇傾向となっていたが、2020年度調査においては前年度から0.47ポイント上昇し、5.38%と14年ぶりの5%を記録した。さらに、2021年度調査においても上昇が続き、過去20年の調査において最も高い売上高物流コスト比率となった。

本調査では、2021年7月から12月にかけてアンケート調査を実施し、計195社から有効回答を得た。なお、今回の調査対象期間は、主に2020年度であり、新型コロナウイルスの流行が拡大した時期とも重なるため、コロナ禍による物流コストの影響についても、調査をおこなった。

なお、同一サンプルによる前年度比較が可能な「2年連続回答企業」(162社)による売上高物流コスト比率(全業種平均)は、5.61%(全業種平均)で、前年度と比較して0.07ポイント上昇している。 

値上げ要請の有無については、回答企業(169社)のうち66.9%が要請を受けたとの回答を得た。値上げ要請を受けた企業の割合は前年度から16.1ポイント減少した。値上げ要請があったとの回答した企業(113社)のうち、98社(86.7%)の企業が「応じた」と回答した。9.1ポイント減少した。
前回調査と比較し、輸送費の値上げ要請を受けたと回答した社数の割合は減少している。一方で、荷役費や保管費については昨年と同水準で値上げ要請がつづいている。

【お詫び】2022.5.11
概要版報告書におきまして、一部表記に誤植がございました。
つきましては、下記の通り訂正をさせていただきます。

該当箇所:10ページ  図表3-4のタイトル
誤)図表3-4 コロナ禍の売上高への影響(2021年度の状況)
正)図表3-4 コロナ禍の物流コストへの影響(2021年度の状況)
※現在掲載している報告書では修正済です

■報告書の概要版はpdfファイルをダウンロードしてご参照ください。  
概要版:2021年度物流コスト調査報告書

■これまでの物流コスト調査報告書・物流コスト関連情報
https://www1.logistics.or.jp/lcost/

本報告書の詳細版は、有名書店※・政府刊行物センター等で販売中しております。

<オンラインでのご購入>
東京都官報販売所 政府刊行物東京サービスステーション

※amazon、紀伊国屋、ジュンク堂、丸善等。ただし一部店舗を除く。 
※2021年度調査につきましては、本年7月頃を目処にアンケートを送付させて頂きます。
   ご回答頂きました企業様には、後日、調査結果をまとめた報告書を1部送付申しあげます。 
   ご協力の程、何卒宜しくお願い申しあげます。
※JILS会員の皆様には、些少ながら割引価格を設定しております。
 会員価格での購入については事務所までお問い合わせください。

(JILS総研)

一覧へ戻る