本文へスキップします。

【全】ヘッダーリンク
H1

ロジスティクスシステム研究会 第2回会合(6月)のご報告

お知らせ詳細

ロジスティクスシステム研究会 第2回会合(6月)のご報告

ロジ研

ロジスティクスシステム研究会では、
第2回会合を6月15日(火)に実施いたしました。

今回より研究会メンバーによる発表と意見交換を開始しました。
6月会合ではリコーおよび日野自動車の2社よりご発表をいただき、
発表内容について活発な議論が交わされました。

1.実施概要
 1)日  時 2021年6月15日(火)14:00~17:00
 2)開催方式 Zoomによるオンライン開催
       ※新型コロナウイルス感染状況を鑑み、オンラインのみでの実施と致しました。

2.実施内容
 1)発表①「物流パートナーとの関係性強化に向けた取り組みと課題」

 ■発表企業:株式会社リコー
 ■発表のポイント
  ・物流子会社の外部化に伴う、VMO 機能の設置と取組み事例の共有
   ※VMO=Vender Management Office:ベンダー(物流パートナー)の管理
  ・物流パートナーのQCDs 評価の方法と課題の共有
 ■事後アンケートでのコメント
  ・VMOの取り組みにおいて全社共通KPIを取り入れていくということが興味深かった。
   コストKPIに関しては、明確な基準がないのはどの企業も同じであることが分かった。
  ・管理機能を有する組織を外部化する為、かつ実行機能の外部化により実態が見えにくくなるリスクから、
   管理強化が必要なものであると理解することができた。
  ・物流子会社の売却の際に直面している課題を学ぶことができた。
  ・品質・コストに関する実態と目標を見える化し、それをメーカーと物流事業者の双方で
   その目標・実績とそれらに対する問題・課題を共有することの重要性について改めて考えさせられた。
  ・荷主の立場からの物流会社の評価という考え方は当社にはなく、また他のライバルのいない輸送モードにとっては、
   評価されるという視点も希薄であり、非常に参考になったとともに、こういった視点を社員も知るべき、
   危機感を持つべきと感じた。

 2)発表②「商用車メーカーによる社会課題解決活動について -ドライバー不足解消、CO2排出量低減-」

 ■発表企業:日野自動車株式会社
 ■発表のポイント
  ・NEXT Logistics Japan株式会社の取り組みついて
   …目指す姿、実業開始1年半の取り組み、カーボンニュートラルへの取り組み
  ・個別配送における配送業務支援について
 ■事後アンケートでのコメント
  ・社会課題解決型XD(クロスドック)構想の具現化というテーマは非常に面白いと思った。
  ・トラックメーカーが自ら自動車運送事業に投資し、新たなモデルを構築しようとする意気込みに共感した。
  ・協力関係を有している企業と協業で着実に踏み出している点が、業種は違えど新規事業に取り組んでいる立場として、
   参考になった。
  ・トライアンドエラーを繰り返し、原因を分析していた。まずやってみる精神と、細かく分析しているところが参考になった。
  ・ドライバー不足やカーボンニュートラルといった社会課題の解決に向けた新たなサービスを知れたこと、
   またそれを実現するための課題がどのようなものかを具体的に聞くことができ参考になった。
   このような社会課題を解決するためには、物流会社だけではなく、荷主や商用車メーカー、国(インフラ)皆の協力が
   必要不可欠であると理解できた。

 3)合宿会合および関連活動のガイダンス 
  2021年10月に予定している合宿会合および、合宿に向けたグループ活動のガイダンスを行いました。
  
3.会合全般に関する事後アンケートでのコメント
 ・各社の取り組みを聞くことで、自社の物流改善に活かすことができると感じた。
 ・さまざまな企業の方の視点(全体ステークホルダー)での意見が聞けるため、境界を越えた取り組みの際、
  エコシステム形成や合意形成のための参考意見をうかがえる場として、非常に貴重と感じた。
 ・元々の自分の勉強不足ということもあり用語や取り組みなど大変勉強になり、自身の勉強不足だということに気が付いた。
  会合の中での主査や他のメンバーからの質問や指摘、問題意識や考え方の内容が大変勉強になり、有益な会合であると感じた。
 ・荷主、物流業者、コンサル、不動産、業界OBといった様々な業種の方からの意見をヒアリングできるのは
  当会合に参加している中で一番有意義である点だと感じた。

※2021年度参加メンバー企業一覧:21社24名(社名50音順/2021年6月30日現在)
愛知海運、アセットソリューション、アビームコンサルティング、エコネクト物流、
SBSリコーロジスティクス、オプティマインド、カリモク家具、紀文フレッシュシステム、
ジョーンズラングラサール、西濃運輸、ダイキンエアテクノ、大成建設、帝人、
東芝デジタルソリューションズ、トラフィックレンタリース、日本貨物鉄道、バンダイロジパル、ハンナ、
日野自動車、リコー、ロジ・ソリューション

過去の参加メンバー企業はこちらからご確認いただけます。

引き続き、年度の途中でのお申込み・ご参加もお待ちしておりますので、是非ご検討ください。

※ロジスティクスシステム研究会の概要・詳細は以下よりご確認いただけます。
ロジスティクスシステム研究会 トップページ

一覧へ戻る