本文へスキップします。

【全】ヘッダーリンク
H1

『超』入門!SCM担当者のための生産管理セミナーを新規開催いたします

お知らせ詳細

『超』入門!SCM担当者のための生産管理セミナーを新規開催いたします

講座・セミナー

公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会は、2021年12月9日(木)より計3回の日程で、『超』入門!SCM担当者のための生産管理セミナー(オンライン)を新規開催いたします。

≪SCMの観点から生産現場の「問題発見」と「課題設定」を行う≫
生産管理はメーカーの供給活動の中核を担う仕事であると同時に、より効果的な企業活動を目指すためのサプライチェーン・マネジメント(SCM)に不可欠な意思決定のプロセスでもあります。本セミナーは、若手SCM担当者と新任マネジャーが生産管理の基礎知識を習得するとともに、世界標準のSCMの「観点」から生産現場の活動を俯瞰することで適切な「次の一手」を考えるきっかけとなることを目指すものです。

※事前に『超』入門!世界標準のSCMセミナーの受講、もしくは、『基礎から学べる!世界標準のSCM教本』(日刊工業新聞社)の読了を推奨しておりますが、初学者の方でも問題なくご受講頂けます。
※受講の際には、参考書籍として、ダイヤモンド社より発売された話題の書籍、2021年9月刊行『全図解 メーカーの仕事 需要予測・商品開発・在庫管理・生産管理・ロジスティクスのしくみ』を1部進呈します。

<申し込みページ>
https://jils.secure.force.com/SeminarDetail?productid=a0R5F00000iRVgB

【開催日時】
12月9日(木)、12月14日(火)、12月21日(火) 計3回
各回18:00 ~ 20:00 (講義:90分+演習:20分+質疑10分)の日程で開催

【対象】
製造業・流通業・その他業種におけるSCM担当者と新任マネジャーなど

【プログラム】
1日目
1.世界標準のSCMと生産管理
1-1 サプライチェーンとはなにか
1-2 SCMの目的とMP&C(Manufacturing Planning and Control)、生産管理の役割
2.SCMの観点から見た生産管理の活動と意思決定
2-1 生産の「実行」と「管理」
2-2 生産管理における2種類の計画

2日目
3.生産の「実行」と「管理」:工場管理とQCD
3-1 製造指図書
3-2 工程管理・日次生産計画
4.生産の「実行」と「管理」:継続的改善
4-1 リーン/シックスシグマ
4-2 制約理論(TOC)
 
3日目
5.「独立需要」と生産計画
5-1 優先順位計画① マスター・スケジューリング(MS)
5-2 供給能力計画① ラフカット・キャパシティ・プランニング(RCCP)
6.「従属需要」と生産計画
6-1 優先順位計画② 部品展開と日程計画(MRP)
6-2 供給能力計画② 工場キャパのシミュレーション(CRP)

【講師プロフィール】
行本 顕(ゆきもと けん)氏

1974 年生まれ。APICS 認定インストラクター(CPIM-F・CLTD-F・CSCP-F)、法学修士。
銀行員を経て 2003 年より国内消費財メーカーに勤務。生産管理・海外調達他を担当。
2010 年~2012 年にかけて米国の大手消費財ディストリビューターに常駐、S&OP を担当。
日本初の APICS 三科目認定インストラクターとして日本ロジスティクスシステム協会、
日本生産性本部他での講演を中心にSCM 普及活動を行っている。ストラテジックSCMコース
第12期修了生。JILS調査研究委員会委員。著書に「基礎から学べる!世界標準のSCM教本」
(日刊工業新聞社)「全図解メーカーの仕事」(ダイヤモンド社)他。

【開催形式】
ビデオ会議ツール「Zoom」を活用したオンラインセミナー
※集合型セミナーは実施いたしません。

【オンラインセミナーについて】
・集合型で行うセミナーと同水準の質の高いセミナーをお届けします。
・音声やチャットでの応答を行い、ライブならではの臨場感のある講義を行います。
・テキストは電子形式(PDF)により、事前配布いたします。
・1時間に1回の適度な休憩により受講の集中力が高まります。

【参加料】
当協会会員:44,000円 (税込・1名あたり)
上記会員外:55,000円(税込・1名あたり)

<申し込みページ>
https://jils.secure.force.com/SeminarDetail?productid=a0R5F00000iRVgB

一覧へ戻る