本文へスキップします。

【全】ヘッダーリンク
H1

東京オリンピック・パラリンピックに関する物流関連情報ー2020TDM推進プロジェクトより-

お知らせ詳細

東京オリンピック・パラリンピックに関する物流関連情報ー2020TDM推進プロジェクトより-

行政・他団体

東京2020オリンピック競技大会も開催間際となりました。
2020TDM推進プロジェクト事務局から公表されている物流関連情報のトピックスをご紹介いたします。
※基本的には2020TDM推進プロジェクトから公表されている情報の転載となりますので、
 最新情報は以下のURLよりご確認ください。
 https://2020tdm.tokyo/

【大会・競技関係】

◆首都高速道路の料金施策
 一都三県等でのオリンピック競技大会は無観客開催となりましたが、選手・大会関係
 者はバスや乗用車での移動となります。
 道路交通量は既に平年並みに回復しており、大会開催に伴う交通量の増加から混雑が
 見込まれています。

 このため、7月19日から交通対策が本格的に実施されています。
 首都高速道路では、物流車両や緑ナンバーの営業用車両等を除く、主に自家用車を対
 象に日中時間帯は通常料金に1,000円上乗せされます。
 詳しくは下記をご参照ください。

【実施期間】2021年7月19日~8月9日・8月24日~9月5日
【実施内容】0時~4時 :5割引(ETC搭載車)
      6時~22時:都内区間を利用するマイカー等を中心に料金上乗せ
             (1,000円)
※首都高速道路の料金施策
 https://www.shutoko.jp/ss/info2020/rp/

この他、交通量に応じて入口閉鎖や本線規制などが行われ、7月19日は早朝から
八潮や安行、戸田南などの高速入り口が閉鎖されました。
車をご利用の際は、道路交通情報センターなどから最新の交通規制情報の入手をお願
いします。

※道路交通情報センター
 https://www.jartic.or.jp/

 ※交通対策まとめページ
 https://olympics.com/tokyo-2020/ja/news/transportation-notice/

◆「東京2020大会期間中の交通混雑緩和等に係るご協力のお願い」が発出
 
◆大会輸送影響度マップ(道路・鉄道)を更新
  https://2020tdm.tokyo/map/index.html

◆明日の混雑予報ポータルが完成
 今日と前後1日の街の混雑予報と実績を地図上で確認できます。
 https://portal.2020tdm.tokyo/

◆大会について(共同ステートメント)

東京都に緊急事態宣言が発出されることが決定されたことを受け、国際オリンピック委員会(IOC)、
国際パラリンピック委員会(IPC)、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競 技大会組織委員会
(東京2020組織委員会)、東京都、国の五者は、リモートによる協議を急遽開催いたしました。

会議においては、日本側から以下の説明がなされ、IOCとIPCは日本側の方針対し合意いたしました。
合意内容は以下の通りです。

・日本国政府は東京都に緊急事態宣言を発出することを決定した。これは東京都において、新規陽性者数が高い
 水準にあり、増加傾向が見られることなどから、感染拡大の防止等を図るための措置として発出されるものである。
・6月21日の五者協議では、「7月12日以降、緊急事態宣言またはまん延防止等重点措置が発動された場合の観客
 の取り扱いについては、無観客も含め当該措置が発動された時の措置内容を踏まえた対応を基本とする」とされていたが、
 今回の緊急事態宣言を受け、人流を抑制するとともに、感染拡大の防止等に向けたより厳しい措置として、無観客とする。
 なお、本方針の下、緊急事態措置が講じられていない区域においては、関係自治体等連絡協議会を開催し、それぞれの地域
 の状況を踏まえ、首長と協議の上、具体的な措置を決める。
・なお、感染状況などについて大きな変化が生じた場合には、速やかに五者協議を開催し、観客についての対応を検討する。
・また、同じく先般の協議では「パラリンピックについては、オリンピック開会式の一週間前の7月16日までに方針を決定する。」
 とされていたが、今後の感染状況等を踏まえて判断する必要があることから、オリンピックが閉会した後に、パラリンピック
 の観客数の取扱いを決めることとする。

※詳細はこちら↓
 https://olympics.com/tokyo-2020/ja/news/news-20210708-04-ja

◆大会関連の交通規制等を反映したナビアプリ・地図サイト等でのサービス提供の開始

大会時に選手・関係者の車両が通行する首都高などの路線(大会関係者ルート)を回避することや、
競技会場周辺での交通対策(交通規制)などを反映したカーナビやアプリ・地図サイト等を活用した
サービスが提供開始されます。

7月中旬より、カーナビやアプリ・地図サイト等で経路を検索して頂くと、大会関係ルートを避ける
ルートを選択できるほか、その時に実施されている交通規制を反映した経路が表示されます。
混雑した時間帯や場所を避けて頂くなどご協力頂く際に活用ください。

【実施期間】2021年7月中旬~9月上旬(予定)
【実施内容】
 1.各種交通対策に関する情報の表示
 2.関係者輸送ルート、会場周辺の迂回をお願いしたいエリアの地図表示
 3.関係者輸送ルート等をなるべく回避したルートの検索・案内 等
 ※実施期間、実施内容は各サービスにより異なります

※詳細はこちら↓
 https://olympics.com/tokyo-2020/ja/news/news-20210706-01-j

◆「東京2020大会輸送(交通対策)」「開会式・閉会式の交通規制」の説明動画を作成

東京商工会議所とともに、2020TDM推進プロジェクト事務局が大会時の交通対策及び、
開会式・閉会式の交通規制に特化した動画を作成しました。

※動画はこちら↓
 https://www.tokyo-cci.or.jp/plus-one/tdm/movie/

※その他動画一覧はこちら↓
 https://2020tdm.tokyo/movie/index.html
※説明会資料はこちら↓
 https://2020tdm.tokyo/siryou/index.html
 
◆東京2020大会の開会式・閉会式時の交通規制等
 東京2020大会の開会式・閉会式[7月23日(金・祝)・8月8日(日・祝)
 ・8月24日(火)・9月5日(日)]の4日間について、オリンピックスタジアム周辺・
  選手村周辺・首都高速道路において、通行止めを行うなど大規模な交通規制を実施。
  エリアや路線、日よって規制時間が異なりますのでご確認をお願いいたします。
 ※開閉会式時の交通規制の詳細はこちら↓
  https://gtimg.tokyo2020.org/image/upload/production/q8tbrrt5hs1ue1mzp2dm.pdf

◆都内オリンピック聖火リレーについて
 まん延防止等重点措置の適用期間中などを踏まえ、7月9日(金)~7月16日(金)までの
 都内オリンピック聖火リレーの公道走行を見合わせ、セレブレーション会場における点火セレモニー
 実施に変更することとなりました(島しょ地域は除く)。
 7月17日(土)以降については、今後の感染状況等を見極め、早期にお知らせします。
※詳細はこちら↓
 https://www.2020games.metro.tokyo.lg.jp/taikaijyunbi/torikumi/seika/jikkoinkai_20/index.html

【港湾関係】

◆東京港コンテナターミナルにおける長期蔵置貨物の解消について
 東京2020大会では多くの競技会場が臨海部に配置され、大会関係車両と港湾関 係車両との輻輳によって深刻な交通混雑が
   発生することが予測されます。
 こうした中、東京港のコンテナターミナル内の蔵置貨物量が、東京2020大会及びその前後の期間に増加することにより作業
   効率が低下し、コンテナターミナルのゲート前での交通混雑の発生や貨物の停滞による物流への影響が懸念されます。
 つきましては、ヤード内の蔵置貨物量の適正化と荷役効率の改善のため、長期蔵置貨物の解消にご協力をお願いします。
 この度、標記の件について、国土交通省港湾局、東京税関及び東京都港湾局の連名で通知を発出させていただきました。
   後日、英訳版も掲載予定です。
 ※長期蔵置貨物の解消についてはこちら
  https://www.kouwan.metro.tokyo.lg.jp/business/tokyo2020torikumi/chokizochi.html

文責:JILS総合研究所 遠藤直也 customer@logistics.or.jp

一覧へ戻る