本文へスキップします。

【全】ヘッダーリンク
H1

2018年度「物流合理化賞」受賞事例決定!

お知らせ詳細

2018年度「物流合理化賞」受賞事例決定!

物流現場改善

2018年度物流合理化賞の表彰式が629日経団連会館にて開催されました。

物流合理化賞は、日本ロジスティクスシステム協会と日本物流資格士会が共催する全日本物流改善事例大会にて発表された物流改善事例の中から、特に優れた内容と成果が認められた改善事例に対して贈られます。

2018
年度大会では、「物流業務部門」「物流管理部門」の部門別に、25件の改善事例が発表され、審査委員会での厳正なる審査の結果、物流合理化賞2件、物流合理化努力賞6件、全日本物流改善事例大会 実行委員特別賞1件を決定いたしました。

2018年度物流合理化賞 2件】

コーセル株式会社
テーマ:3PLパートナー会社のYK(やりにくい・気を使う)作業をなくそう!

東芝ロジスティクス株式会社
テーマ:重量物取り扱い職場における女性活躍推進~女性からの視点による働きやすい職場作り~


2018年度物流合理化努力賞 6件】

株式会社おおさか協同物流センター 株式会社流通サービス
テーマ:深夜作業削減への取り組みを通じた荷主・3PL・納品企業のWIN-WINを実現した作業改善とSCM改善

株式会社オカムラ物流
テーマ:入出荷作業時間の短縮による収益改善

株式会社カスミ
テーマ:カスミ事務大部屋化方式~無くせないか・減らせないか・変われないかをキーワードにした事務視点の真因改善

コカ・コーラボトラーズジャパン株式会社
テーマ:指差呼称スタンダードポイント策定で安全・品質向上~3PL社との協働政策の推進~

ジヤトコ株式会社
テーマ:海外調達物流における原低活動の推進

古河物流株式会社
テーマ:需給最適化を目的としたバリューチェーン構築


【全日本物流改善事例大会 実行委員特別賞 1件】

株式会社ホームロジスティクス
テーマ:仮設型託児を利用した労働力確保


表彰事例の詳細は機関誌「2018年度ロジスティクスシステム 夏号」(7月発行)に掲載されます。

一覧へ戻る